子供の感じる大人の見た目年齢。

下の子供が4月から小学2年生になったのですが、担任の先生と会うのは4月中旬から行われる家庭訪問の時です。今まで担任になったとか知っている先生なら安心なのですが、上の子も下の子も担任の先生は知らない先生で子供に聞いて何となく想像するだけです。
ですが、家庭訪問の前に下の子の担任の先生に会う事ができました。というのも、下の子が連絡帳を忘れてきて学校へ取りに行ったのですが娘が「ついてきて」というので私も一緒に教室へ行きました。すると、担任の先生がいて話をすることができたのですが娘が言っていた感じの先生ではありませんでした。娘に「先生は何歳ぐらい?」と聞くと「40歳ぐらいかなぁ」と言うので私と同い年ぐらいかと思っていたのですが、実際会うともっと年上で主任クラスの先生だったのです。2年生には必ず主任クラスの先生がいて息子の時も50歳くらいの先生だったのですが娘の先生もそのぐらいの年齢でした。子供の感じる大人の見た目年齢って当てにはならないなと感じてしまいました。

昨夜は友人が遊びに来て少し飲み過ぎました

昨夜は友人を晩御飯に招待しました。久しぶりに、ちょっとしたホームパーティーだったんですが、なんとか料理もスムーズにできて、一緒にワインを楽しむことができました。友人を家に招待するのは好きなんですが、いつも何を作るか考えてしまいます。料理は好きなので、いろいろみんなでワイワイ楽しめるようなメニューにしたいと思うんですが、毎回同じ料理というのもつまらないですよね。だから、いつもネットでおもてなし料理を検索したりして、情報にアンテナを張っています。

昨夜はワインが好きな友人ばかりだったので、クリームチーズをアレンジしたディップや、トマトソースのミートボールなど、ワインに合いそうなおつまみ系を並べました。冷たくても美味しく食べられる料理だと、あらかじめ作り置きできるので楽ちんです。

おかげで、パーティの最中は、ワインを飲むことに集中できてしまったので、ちょっと飲み過ぎました。二日酔い防止のために、いつも飲んでいる酵素サプリを増やして飲んでみたんですけど、効くといいなあ。